食事は、バランスよく栄養素をとることが基本

バランスの良い食事

美肌のための食事というと、ビタミンを意識したサラダなどの野菜中心の食事を連想されがちです。でも、栄養素は単独で作用するものではありません。いろいろな栄養素をバランスよくちゃんと取り、それが体の中で充足してはじめて、その効果が表れるものなのです。肌に良いとされる栄養素はいろいろありますが、ビタミンなど特定の栄養素ばかりたくさん摂ったところで、美肌になれるというものでもないのです。

さらに、最近ではダイエットのためといって、肉や野菜などのたんぱく質を避ける女性もいます。ところがこのたんぱく質こそが体や肌をつっている大元ですから、たんぱく質をとらないでいると、肌が不調になるだけでなく、疲れが出たり、体力が衰えたり、睡眠が浅くなったり、朝起きづらくなったりと、様々な弊害をもたらしてしまいます。こんな状態でビタミンばかり摂っても効果は出ないのです。

ですから、美肌食の基本は、たんぱく質のビタミン類もバランスよく摂ること。そして、普段の食生活で足りなくなりそうな栄養素を、先取りして摂る習慣をつけておくことが大前提なのです。

やみくもに野菜を食べてもいても効果なし !

野菜の中でも特に美肌のために意識してとりたいのは、βカロテンを含む緑黄色野菜です。なぜならβカロテンは、抗酸化作用が高く、体の中でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を強くして、肌荒れや老化を予防する効果があるからです。これはホウレンソウやニンジンなどに多く含まれています。そのほか、ジャガイモやカリフラワーなどに多く含まれているビタミンCも、美肌にとってとても有効な栄養素です。

でも、若い女性の多くは、ランチの添え物としてあるサラダや野菜ジュースをとって、たくさん野菜を摂取していると誤解しています。しかしサラダに入っているレタスやキュウリはビタミンの含有量が少ないですし、そもそも生野菜は体を冷やしてしまいます。

肌を丈夫にしうるおいを保つビタミンA
抗酸化作用があり、また肌や粘膜を強く丈夫にする栄養素を。植物性食品の中では、βカロテンとして存在し、体内でビタミンへとして働きます。ニンジン、ホウレンソウ、カボチャ、小松菜、トマトなどの緑黄色野菜に多く含まれます。
週末に「とりだめ」できて意外に取りやすいです。
肌の材料となるたんぱく質
肌を作る根本的栄養素。たんぱく質があってはじめて、ビタミンなどの栄養素をいわば運用でき、健やかな肌ができるのです。毎日適量とることで代謝も上がります。
毎食摂って身体のベースを整えましょう。
保湿・美白・アンチエイジングに有効
ビタミンCにも抗酸化効果があり、紫外線に対する抵抗力をつけるのに適しているといわれています。ビタミンCといえばレモンとイメージされがちですが、赤パプリカなどの緑黄色野菜はもちろん、ジャガイモやカリフラワーといった淡色野菜にも多く含まれています。果物なら柿やイチゴ、キウイなどに多く含まれますが、果物には糖分が多いので摂り過ぎには注意が必要です。
error: Content is protected !!