美肌の早道は「食べる」よりもまずは「寝る」

美肌への近道

睡眠中に体内で行われていること

体の内側からのケアというと、食事を第一に思い浮かべる人が多いようです。けれど、実は「食べる」よりも「寝る」ほうが肌をよみがえらせる力をもっています。そこで、睡眠の重要性をまず説明します。

例えば、夜更かしをした翌日、1日中だるかったり、頭痛がしたりするなど、体調が悪くなりがち。この不調の原因は、夜寝ている間に、肌を含む体全体が修復されているからなのです。修復は血液を通して行われるのですが、起きて活動している日中は、血液のほとんどが脳に集中します。そのため、肌には栄養が行き渡りません。寝ると、血液は体の各所に流れ始め、肌にも栄養が行き渡るようになるのです。

さらに、眠り始めの約3時間のうちに成長ホルモンの分泌は盛んになるといわれています。この成長ホルモンによって、肌内で細胞分裂が起こっているのです。肌や内臓の修復にはトータルで、最低でも6時間くらいはかかっているといわれているので、睡眠が6時間を切ってしまうと、だれでも肌荒れする可能性が出てくるというわけです。

肌の再生は、毎晩、このようにして行われているので、毎日の睡眠がいかに大切かわかると思います。

肌のゴールデンタイムには絶対に寝るべき?

夜10時から深夜2時は、肌のゴールデンタイムとされ、そのあいだに睡眠をとるのが美肌のルールといわれています。これは原子の時代から人間の体に刻まれた体内時計に従った生活をすべきという説にもとづいた話しです。

ところが現代社会でこれを実践するのは、なかなか困難です。この現代で考えると、およそ午前0時から半までに寝るようにすればいいでしょう。

また、就寝時刻を一定させることも大切です。毎日ベッドに入る時間が異なるのは、体内時計を乱すのでよくありません。成長ホルモンは、体内時計の影響を大いに受けていますから、寝る時間が毎日異なると、スムーズに分泌されなくなってしまうのです。

毎日遅くとも午前0時半までの、同じ時間に寝るようにすると、肌の状態もよくなると思います。

ただ眠るだけでは効果を得られない睡眠の奥深さ

成長ホルモンの多くは、睡眠に入って初めの約3時間の間に分泌されるので、特にこの時間の睡眠が深くて良質な必要があります。

それにはまず、寝る環境を整えることが大切です。最近では、寝る直前までパソコンを見ていたり、スマホでメールを打っていたりと、脳が活発に動いたまま、ベッドに入っている人が少ないようです。これでは、深い睡眠はなかなか難しくなってしまいます。寝る1時間くらい前から寝室の照明を暗めにしてみましょう。そうすると、メラトニンというホルモンが分泌されて、睡眠への準備が始まります。

もし、外の明かりが気になるようなら、遮光カーテンを使うなど、睡眠を邪魔されない環境に整えて眠ることも大切です。

睡眠のサイクルを理解して上手に活かす

気持ちよく起きられる睡眠をとることも大事になります。そのためには、眠りのサイクルを調整するといいでしょう。

睡眠は、眠りの深い「ノンレム睡眠」と眠りの浅い「レム睡眠」が1時間半ごとに交互に訪れています。したがって、6時間、7時間半というように、1時間半の倍数で睡眠のサイクルを設定すると、いリズムになりやすく目覚めやすいのです。

とはいえ、寝始めにやってくるのがノンレム睡眠、目覚めの準備に入りやすいのがレム睡眠ですので、睡眠時間は6時間や9時間といった 3時間ごとになるのが理想的です。

目が覚めたら、次の睡眠のリズムに入らないように、体を起しましょう。部屋を明るくしたり、目覚めに水を一杯飲んだりすると、スッキリと目覚めやすくなります。

error: Content is protected !!