美容液ってどんなもの?選び方について

美容液たっぷりのマスク

美容液の大きな特徴は、保湿成分や美白成分など、有効成分が豊富に含まれていること。肌に潤いや栄養を与える、いわばスキンケアの原因となる重要なアイテムです。

美容液は、密度が濃くて、そのぶんサレイズは小さめのものが多いようです。

実は「こういうものが美容液」という正確な定義はありません。ですから、各メーカーはいろいろのものを美容液として発売しています。ジェル状のもの、クリームのようにコクのあるもの、化粧水のように水っぽいもの、テクスチャーも様々です。

どんな美容液を選んだらいい?

では美容液を選ぶときには、どのような基準でセレクトすればいいのでしょうか。まずは配合されている成分を確認しましょう。保湿から美白、アンチエージングなど、いろいろな成分を含むものがあります。「美容」液というからには、何らかの美容効果を期待するものですから、有効成分についてはきちんと確認することが大切です。

保湿目的で選ぶなら、保水力に優れたセラミドがおススメ。セラミドは水溶性の物質ではないので化粧水には配合しにくいもの。ある程度の油分を含んだ美容液として取り入れる方が効果的です。

肌に合う保湿美容液が見つかったら、むやみに使い分けるのはやめましょう。シーズンごとに変える必要もありません。乾燥する冬はやや多め、ベタつく夏はやや少なめに塗るなど、使用料を調整するだけでいいのです。

ただ、一本で保湿も美白もシワ対策もというのは難しいもの。保湿以外の効果を望むなら、有効成分のしっかり入ったものを、目的別に用意しましょう。

最新の技術がいち早く反映されるアイテム

美容液は、クリームとともに化粧品の効果を最も期待させるアイテム。そのためどのメーカーも開発に力を注いでいます。配合される有効成分の研究はもちろん、肌なじみや、使用後に効果を実感してもらうために浸透促進の技術など、その進化にはめざましいものがあります。最先端の技術を試したいときは、美容液から使ってみることも、ひとつの化粧品選択の方法と言えるでしょう。

美容液の種類とそれぞれの特徴

保湿美容液
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたもの。肌の水分をキープして、うるおいを逃さない効果がなる。
美白美容液
ビタミンC誘導体やアルプチン、カモミラETなど、美白成分を含むもの。シミのもとであるメラニンの生成をブロックするなどの作用がある。
アンチエイジング美容液
レチノールやナイアシン、ポリフェノールなどの有効成分を配合したもの。ハリや弾力のもととなる繊維芽細胞に働きかけるものが多くある。
error: Content is protected !!