ファンデーションや保湿剤の日焼け止め効果

美白ブームの昨今、ファンデーションはもちろんのこと、保湿剤やクリームまで日焼け止め効果をうたったものが続々登場しています。

しかしそれとは別に、SPF 30以上、PAもプラス3と記載された日焼け止め効果だけをうたった商品も多く発売されています。

多くの人は、夏、ビーチなどたくさんの紫外線も浴びそうな時に、日焼け止めに特化したものを使い、ほかの季節は日焼け止め効果をうたったファンデーションやちょっとした保湿剤だけを使用して、一年中、日焼け対策はできていると思っているのではないでしょうか。

しかし、その考えはちょっと甘いと思います。

同じ日焼け止め効果をうたったものでも、やはり日焼け止め、UVカット専用になっているものと、肌を美しく見せることが目的となっているファンデーションとでは明らかにその効果は異なるのです。

分かりやすく言うと、ファンデーションや保湿剤に含まれているUV防止効果がある酸化亜鉛や酸化チタンはケーキの上にふりかけられている粉砂糖のようなもので、ただの飾りだと思ったほうがいいです。

つまり、いろいろな効果があるものよりも、日焼け止めなら日焼け止め、ファンデーションはファンデーションと、それのみの効果を狙ったものの方がその能力も高いということです。

ファンデーションの使い方にも注意を!

さらに私たちの使い方も問題となります。日焼け止めの場合は、もとから日焼け防止が目的のため、肌に塗布する際も念入りにムラがないように注意して付けます。

ところが、ファンデーションの場合はあくまで肌をきれいに見せようとする目的でつけるため、例えば頬はきちんとつけ、鼻とあごの部分は薄くつけたりなど、つけ方も場所によって差が出てきます。

そのため、日焼け防止効果という意味では、どうしてもスポット的効果しか期待できません。

また保湿剤やファンデーションに含まれる酸化亜鉛や酸化チタンは、多くの場合、日焼け止め専用のものより量が少ないため、その持続力についても劣ってしまうのです。

そういう意味では、日焼け止めを塗ってから、さらに日焼け止め効果をうたったファンデーションをつければよいと思われます。

忘れがちな手の日焼け止め、あなたの手は思っている以上に見られている!

案外忘れがちな手の日焼け止め、でもあなたの手はあなたが思っている以上に見られています。

顔は一生懸命、お手入れして、日焼け止めだってばっきりだけど、ついつい手は忘れちゃう・・・ってことありますよね。

でも手は意外に人に見られているんです。例えば電車の座席に座っているとき、ついつい横に座っている人の手を見てしまいませんか?

またはつり革につかまっている時も横に並んでいる手に目がいったりしませんか?

そして私たちは顔を見なくとも、何気なく無意識のうちに、手でその人の年齢を推測、判断しているのです。

首や手は、年齢が確実にあらわれます。そして冬場などはある程度隠せる首と違い、手は一年中隠せません。

手のシミ、シワはある一定の年齢を過ぎると、それまでの紫外線の影響が一挙に出てくるのです。

顔の場合、お化粧などによってシミなどはある程度隠せますが、手は一日を通して、洗ったりすることが多いため、手にお化粧をしてシミを隠すということも現実的には困難です。

顔は現在の美容医療をもってすればある程度の若返りは可能ですが、手は顔のようには行きません。ですから前もっての予防が重要となるのです。

いくら顔が若くても手にシミができ、シワっぽいガサガサした手では年齢をごまかせません。

普段のお手入れで日焼け止めはもちろん、夜のお手入れの際にも顔に塗ったクリームの残りを必ず手にも塗るという習慣を忘れないようにしましょう。

もちろん顔だけでなく、手にもパックなどをしてあげれば、より効果的です。

人の目は自分が案外気のつかないところを見ているのだということを常に頭に入れておきましょう。

日陰でも肌の大敵、紫外線はいっぱい

日焼けが怖いから、私はなるべく屋外でも、木の下や屋根の下で紫外線を避けているから大丈夫なんて思っているあなた !本当にそうでしょうか?

紫外線は空の上から降ってくるだけではなく、地面からの反射光線にもあるということを忘れてはなりません。

そしてこの地面からの反射光の方が、空からのものより厄介なのです。

なぜなら、日傘や帽子などでは完璧には防ぐことができないからです。

一般的に地面からの反射率は、高い順に雪面、水面、砂浜、コンクリート、芝生となっています。

ですからスキーやビーチは要注意となるわけです。ちなみに砂浜では、いわゆる綺麗な砂、白い砂の方が日本の海岸に多い黒い砂よりも反射率が高いと言われています。

日常生活の中では、気をつけたいのはやはりコンクリートからの照り返し、反射です。

ビーチや冬山ほどではないにしろ、決してあなどることはできません。それから上からの紫外線にばかり気を取られ、横や下からの紫外線に注意しないとか多いため、シミも顔の正面よりも横顔に出やすくなるのです。

特に、顔の横の下の部分はどうしても正面よりも日焼け止めがきちんと塗られていないケースが多いのも原因の一つです。

さらに冒頭でもふれたように、実はもっと怖いのが、外でも屋根のある場所です。

それは、日陰ではついつい紫外線はないものと安心してしまうからです。例えば駅のホームなどでは、たとえ上からは光が全く当たっていなくても、ホームの端などに並んで立っている時は、ホーム外からのかなりの反射光が顔や体に当たっているのです。

ついつい、太陽光が自分の顔や体に当たっていなければOKと思いがちですが、油断は禁物です。

また熱を感じなければ紫外線はないと錯覚している人もいますが、熱を感じるのはあくまで、太陽光の中にある赤外線の影響であり、熱を感じなくとも紫外線わたっているのです。

ではどうしたら紫外線を効果的に避けられるのか。

それは、まず帽子よりもが日傘、それもなるべく帽子を目深にかぶるように日傘を頭に近づけてさします。そして、日焼け止めを反射光で日焼けしやすいアゴや顔の横の下の部分、首にもしっかり塗ることです。美容の大敵、紫外線はあなたが思っているよりずっと手強いです。

アボガドを使用して手のケアを

アボガドはビタミンEなど、ビタミンやミネラルが豊富です。

アボガドを使ったラップパックは、保湿効果が高く、顔や手の両方に使用できます。

  1. アボガドの皮や実をすりつぶしたものを塗り、ラップをかけます。
  2. 5~10分ほど放置しその後、ぬるま湯などで洗い流します。

パックした部分はワントーン肌色が明るくなって、シットリ感を実感できます。

error: Content is protected !!