乳液&クリーム きちんと保湿ができていれば乳液やクリームは不要?

保湿クリーム

乳液やクリームを使う最大の目的は、油分を補うことにあります。皮脂の分泌量の充分にある30代までは、きちんとした保湿ができていれば油分補給は必要なく、乳液やクリームも不要のはずです。

でも40代からは、水分だけでなく油分も低下するので、セラミド配合を美容液を全体につけた上から、乾燥しやすい目元や口元には乳液やクリームを重ねることも必要かもしれません。適度な油分を補うことは、肌をやわらかく、なめらかにします。動きの激しい部分には、このようなケアも有効です。

どんな乳液を選んだらいい?

乳液を使うなら、セラミドなどの保湿成分が配合されたものをお勧めします。美容液と乳液の中間のようなテクスチャーで、保湿成分をたっぷり含んだ乳液というのも出ています。

乳液とクリーム、どちらを使えばいい?

乳液とクリームの両方を使わなければいけないかというと、そうではありません。乳液とクリームの違いは、水分と油分のバランスの違いです。油分が多く、こっくりとしたテクスチャーを持つのがクリームです。目元や口元にポイントとして使うなら、油分補給効果の高いクリームの方がおススメです。

どんなクリームを選んだらいい?

肌に油分を補う目的で使うなら、高価なクリームではなく、敏感肌のシンプルなもので充分です。アトピー肌用のスキンケアラインから選ぶと、安心で手ごろなものが見つかりやすいでしょう。

ベタつくのが苦手な人向けに、ジェルのような軽いテクスチャーのクリームも出ていますが、それでは油分を補うという意味で使う甲斐がありません。コクのあるクリームらしいクリームを選びましょう。

またクリームには、油分の補給目的のものに加え、特殊な美容液を狙ったものもあります。皮膚科学的な立場からおススメできるのは、シワに効くのは油溶性甘草エキスなどです。これらのアンチエイジングを狙ったクリームでも、極端に高いものでなく、5000円~1万円ぐらいのもので充分です。

おススメの乳液&クリーム

乳液
セラミドなどの保湿成分を配合した乳液がおススメ。ただし、皮脂の分泌量が充分な30代までは、必要以上に油分を与えない方がいいので、乳液の中でも油分をあまり多く含まないものを選ぶのがポイント。
クリーム
●油分補給で使うなら・・・
敏感肌用のシンプルなものがよい。アトピー肌向けのスキンケアラインから探すと、安心で手ごろな価格(1000~3000円程度)のものが見つかりやすい。
●特別な美容効果を狙うなら・・・
レチノール:ビタミンAの一種。線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンを増やす作用がある。目元用のシワ対策クリームなどには、レチノールがほとんど含まれている。。
油溶性甘草エキス(グラブリン)
甘草という漢方薬から抽出される美白成分。抗炎症作用を併せもつ。
error: Content is protected !!