ボディーのカサカサ、唇、手、かかとの角質、水虫などのケアについて

カサつく部分には尿素配合クリームがおススメ

肌にもともと存在するセラミドなどの保湿物質は、水に触れるだけでも流れ落ちて失われてしまいます。おふろ上がりにカサカサするのは、それが原因です。

カサカサを防ぐには、顔と同様、ボディにも保湿ケアが必要です。ボディは部位によって皮脂の分泌量が違うので、保湿ケアも部位ごとに変えるのがベスト。

皮脂の多い背中や胸は、基本的には何も付けなくてもOKです。カサつきを感じた時は、油分が少なめで保湿成分の入ったボディー用のローションなどを薄くのばしましょう。

手足は皮脂腺が少ないので、油分を適度に含む保湿クリームを丁寧に塗ります。ひじやひざなど、カサつきが気になる部位には、尿素配合クリームを使うとよいでしょう。

ボディーローションを選ぶとき「赤ちゃん用なら肌にやさしいはず」と思ってる人も多いようです。しかし、実は赤ちゃん用には殺菌成分などが多く含まれることがあるので要注意。また天然の植物成分を使ったものなどもありますが、肌の弱い人にはかえって刺激になるおそれも。

肌に合うものが見つからないときは、アトピー用のスキンケアラインから選ぶと安心です。

手あれ

手をぬらしたらクリームを塗る習慣を

手あれは、仕事で頻繁に手を洗う人や家庭で水仕事をする人に多い肌トラブル。でも、どんなに手があれていても手を使わずに生活はできません。そのため一度手あれが起こると、各層のバリア機能が壊れ、悪循環を繰り返して治りにくくなります。

すでに手あれが起きている場合は、手洗いを最小限にとどめます。熱めのお湯は乾燥を招くので、ぬるま湯を使いましょう。洗った後は水気をきちんとふき取り、ハンドクリームを塗るのを習慣に。ハンドクリームはボディと同様、尿素配合がおすすめです。

かかとの角質

取った後の保湿ケアが肝心

かかとのガサガサやひび割れの正体は厚くなった角質。かかとには皮脂腺が少なく刺激も多いため、角質肥厚が起こりやすいです。解決策は古い角質を取ることですが、それだけでは、またすぐ新たな角質がたまるので、取ったあとの保湿ケアが重要です。

角質ケアのコツは、入浴や足湯で肌表面をやわらかくして行うこと。余分な角質だけがはがれ落ちやすくなります。週1回を目安にして角質を取ったあとは、尿素クリームなどで保湿しましょう。

唇のあれ

ハチミツとワセリンのパックが効果的

ガサガサしてひび割れていたり、皮がめくれていたり・・・。そんな唇では、口紅もきれいに映えず憂うつになります。

そもそもなぜ唇が乾燥しやすいかというと、唇は粘膜と皮膚の境界線で、肌のように皮脂分泌ができないから。また唇の角層は極めて薄いです。唇があれているときは、皮をむしるのは厳禁。舌でなめるクセも、よけい乾燥して悪循環になるのでやめましょう。

おすすめのケアは、保湿効果にすぐれたワセリン+粘膜のあれに有効なハチミツのパック。ふっくらツヤやかな唇になります。

頭皮のフケ・かゆみ

乾燥を避け椿油などで保湿

きちんとシャンプーしているのに、フケが出る、頭皮がかゆくなるという人は、「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」の可能性大。脂漏性皮膚炎は、顔だけでなく、頭皮にも起こります。

対策としては、適度にシャンプーをして、清潔に保つことが大切。敏感肌用のシャンプーを使い、爪を立てず指の腹でやさしく洗いましょう。ドライヤーの風は乾燥を招くので、地肌に強くあてないようにします。

乾燥が激しい場合は、椿油などで保湿するのもよいでしょう。なかなか改善されない場合は、皮膚科受信を。

水虫

薬をきちんと塗り続けることが大事

水虫の原因は、白癬菌というカビの一種です。不特定多数の人が裸足で歩くプールや温泉などでの感染例がよく見られます。こういう場所に行った後は寝る前に足を洗っておきましょう。

もし水虫になってしまったら、市販の薬でもよいので、両足の裏と足指の間にしっかりと塗ります。一見治ったように見えても、皮膚の中で菌が生きていることもあるので半年間は続けて。綿のフットカバーや5本指靴下などを使用して靴を履き、足を長時間蒸らさないようにすることも大切です。

error: Content is protected !!