美容整形を受けるタイミング。おススメの時期は?

美容整形の悩みを解決

美容整形を受ける場合、どんなことが気になりますか?手術の成果は当然ながら、その他にも、どこの病院が上手かしらとか、手術後のケアはしっかりしているのかとか、それから手術代も気になりますよね。

でも、ネットで悶々といろいろ調べても、おそらくあなたの本当に知りたい情報は得られないと思います。 次々と疑問が沸いて解決は難しいです。

私のバッカルファット体験記でも書きましが、無料カウンセリングを受けるのが一番早道だと思います。気になることがあったら、思い切って行動してみてください。きっとすっきりしますよ

美容整形を受けるなら冬の時期が良い、その理由を整理

一般的に、美容整形をしたいと考えているのであれば、私は寒い季節、冬に手術を受ける人が多いですよね。なぜ冬がいいのか?

傷痕が化膿しにくい。

どんな手術でも必ず患部は数日濡らしてはいけないですし、場合によってはシャンプーはしばらく禁止です !などと言われるため、夏では、物理的にかなり辛い思いをすることになります。

また、傷痕に貼ったバンソウコウのかぶれなど、手術した患部と直接関係ないところにも、夏の場合は肌トラブルが起こりやすいです。

手術直後、顔を隠しやすい

手術直後、必ず麻酔と傷による腫れが生じるため、自分がそれまで見たこともないほど恐ろしい顔になり、手術当日の帰宅時と、手術後数日間は、マスクとサングラスなどが必須です。冬なら風邪をひいているかも?などと人々に奇異な目で見られることもありませんが、真夏に大きなマスクの着用では暑いし、単なる怪しい人になってしまいます。

一度手術を受けたいと思ったら一日も早くやりたい!!その気持ちはよーくわかります。でも焦ると大体どこかで失敗します。そのひとつが今あげたことですが、焦ると失敗する点がもうひとつあります。

それは手術の代金です。キャンペーン期間を狙いましょう。

手術代金を少しでも抑えるため、キャンペーン期間を狙いましょう!

今は美容外科同士でもかなり競争が厳しいため、チェーン展開している病院はもちろんのこと、それ以外の比較的小規模なところでもこのキャンペーンを実施しています。

これを知らないと後でかなり後悔します。大損したような気になります。

手術の内容は同じなのに、受ける日によって20%、30%はもちろん、時には半額なんて破格な値段が設定されている場合があります。

しかし洋服のセールと大きく異なるのは、事前にキャンペーンがあることを大々的に発表しないということ。消費者としてかなり困りモノです。

キャンペーン期間を見逃さないようホームページを小まめにチェックを!

ではどうしたらこの大切なキャンペーン期間を見逃さずにすむか?

それは小まめにいろいろな美容外科のホームページをチェックすることにつきます。キャンペーン期間の目安となるのは、やはり患者が集中しやすい夏休みやその他の長い休み以外の時期です。

夏休み期間などの混んでいる時期は、避けたほうがよい理由

できれば、私は夏休み期間などの混んでいる時期は、避けたほうがよいと思います。なぜならキャンペーン期間外という理由もありますが、この期間、本来は腫れがある程度ひくまで、ベッドで休まなければならないのに、患者の回転率を上げるため、ゆっくり休ませてもらえず帰されてしむこともあるかも知れません。術後すぐの処置が、その後の腫れの程度や傷の治り具合に影響を与えることも多いので、その後の経過を考えると、患者にとってはあまりよいことではありません。

さて、無事キャンペーン期間に何かの手術を受けることになったとします。

しかし、万一、キャンペーン期間中でありながら、担当した医師が、通いの医師(院長ではないという意味)だったために、キャンペーンの実施を知らず、通常料金を請求されることもあるからです。何か変だと思ったら堂々と担当カウンセラーに告げましょう。

通常、レーザーによる若返り術にしろ、ホクロ除去にしろ、そんなに急いでやる必要のないものですから、今現在、キャンペーンの対象にはなっていなくとも、来月にはその対象になるかもしれません。それを先方に問い合わせる方法もあります。とにかく美容外科でおこなわれる手術は、決してお安いものではないですから、たとえ10%引きでも、かなりの節約になります。

何かの手術を受ける前に、その手術がどんなものか調べることも、とても大事ですが、お得な情報もキチンと調べて自分で納得することも大切ですが、私は、手術に対しての疑問、キャンペーン期間、割引率など詳細が知りたかったら、無料カンセリングを積極的に利用することです。担当医師のカウンセリングの前に、担当カウンセラーがついて、手術に対する疑問はもちろん、カレンダーと電卓片手にキャンペーン適用のトータル金額など詳細を教えてくれます。ネットなどでアレコレ調べて悶々とするより、よっぽど確実で早いです。

まずは無料カウンセリングですっきりさせる

若返り手術の美容整形で見せられる術前、術後写真で白人が多いわけ

美容整形の手術を受ける際に、よく術前、術後のの写真を見せられますが、この写真に映っている手術の成果は、医院にもよりますが、あまり信用できないところがあります。

これは特にレーザーなどを使用した新しい肌の若返り術において、頭に入れておいたほうがよいことです。なぜなら新しい施術の写真のモデルは、ほとんどのケースで日本人以外の人種が多いからです。人種が違うということは当然のごとく、肌質が大きく異なります。

また、一般的にレーザーなどによる肌の若返り術は、白人の肌のほうが日本人よりも効果が出やすいといわれています。ということは、写真の中の女性のように、大きな変貌を遂げるのは、日本人である私たちはもともと不可能に近い、ということです。

ではなぜ、いつもこういった写真に使われる女性たちは、日本人以外の人種が多いのか?ということですが、美容外科、特にその中でも若返り手術については、そのほとんどが海外、特にヨーロッパやアメリカで生まれているものです。それを医師たちが専門誌やインターネットの情報などで知り、個人的に輸入したり、または現地に赴いて施術法を学んだりして、日本でもおこなうようになってきているからです。

ですから、最初の臨床のデータなどは当然日本人のものではないとうことになります。レーザーなどの場合は、そのレーザー照射のマシンを販売している会社が、医師に提供したデータをそのまま使用することも多いため、そうなりがちです。最初はその効能に対しての説明も、あくまで提供されたデータに基づくものであり、日本人を特定した症例データが集計されるのはしばらく後になってからになります。

さらに若返り手術以外、いわゆる二重、鼻を高くする、あごを削るなどの手術も、素晴らしく変貌を遂げた例を患者に見せるケースが多いので、術前、術後写真をあまりに信頼して、自分もこうなれるかも!と過度な期待をしないほうがいいと、私は思います。

術前、術後の写真はあくまで参考程度にとどめることです。それよりもっと大切なことは、あなた自身も「いまの顔型・体型=個人差」をベースにしたとき、どうしたらバランスよく、しかも美しく変れるかを、手術をする前に医師によく相談することが重要だと思います。

美容整形

error: Content is protected !!