洗顔の主な役割とは?

洗顔の意味

顔の肌は、衣服などに覆われている部分と違い、排気やたばこの煙、ほこりなど、空気中の汚れに四六時中さらされています。

これらの汚れに、さらに汗や皮脂、古い角質、メイクアップ料などが混ざり合っていきます。これが肌の汚れの正体!この状態を放置しておくと、雑菌が繁殖したり皮脂が酸化して過酸化脂質がつくられたりと、肌の刺激物に変化してしまう恐れがあります。

「クレンジングで全部落ちないの?」と思われるかもしれません。ですが、クレンジングはメイクアップ料など油性の汚れを落とすことに、洗顔料は水性の汚れを落とすことに特化したものとして、それぞれつくられているので、メイクをした日はクレンジングと洗顔の両方が必要になります。

では、朝外出していたわけでもないのに、どうして洗顔をする必要があるのでしょうか。実は朝は寝ているうちに分泌された汗や皮脂、ほこりなどで意外と汚れが付いているから。これらの汚れを洗い流すのが朝の洗顔の目的なのです。

どんな洗顔料選んだらいい?

最近では、肌に潤いを残す洗顔料や美白の洗顔料など、汚れを落とす以外の目的もプラスアルファされたものが多く出回っています。

ですが、洗顔料は洗い流してしまうものなので、保湿や美白などの成分が配合されていたとしても、全部すすぎの時に水に流れてしまいます。ですから洗顔料選ぶときは、あくまでも汚れをしっかり落としてくれるものを選びましょう。

一番のおすすめは、シンプルな固形せっけん。なぜかというとしっかりと汚れが落ちて、肌に余分なものが残らないからです。

この余分なものとは、うるおい成分でできる膜のようなもののこと。例えば、しっかり洗顔料には、油分が含まれていてそれが肌に残るので、洗顔後の肌がしっとりとした感触になります。ところがそれでは肌に油膜を張ったような状態になり、後から使う化粧品の浸透を妨げることにもなりかねません。
シンプルな固形せっけんは、このような余分ない分を含まないのでおすすめです。

洗顔料は成分表示からは選びにくいのですが、形状からある程度の判断はできます。自分の使いやすいタイプの洗顔料で、なるべくシンプルなもの選ぶようにしましょう。

洗顔料の形状別の特徴

固形せっけん
シンプルな固形せっけんなら、余分な油をあまり含まないものが多い。オイリー肌の人なら、浴用石けんを使っても◯。
洗顔フォーム(クリーム、リキッド)
肌への負担は、強いものから弱いものまで様々。しっとりタイプの多くは30~40%の油分を含み、肌に油膜を残すしくみ。
パウダータイプ
洗顔フォームと同様に、洗浄力が強いものから弱いものまでさまざま。
泡タイプ
手早くさっと洗顔できるのが便利な界面活性剤を配合しているものもあり、選び方は難しい。泡の固いものは、発泡剤が多く含まれる傾向にある。
泡立たないタイプ
超しっとりタイプ。洗浄力が弱く汚れが充分に落ちないので、水でもしみるほど肌あれがひどい人以外にはおすすめできない。
error: Content is protected !!