「水を1日2リットル飲む」はウソ

ペットボトルの飲料が登場し、手軽に持ち歩けるようになったからか、冷たい飲み物を通年のも女性が増えています。その代表的なものがミネラルウオーター。「水を1日2リットル飲むといい」という俗説があるのも一因かもしれません。でもだれでも一律に2リットル飲めばよいというのもおかしな話しです。

それは、汗の量や運動などから、必要な水分の量は人によって異なるからです。水分は、のどが乾いたら飲む程度で充分です。

ところが、現代人は水分をとり過ぎる傾向にあります。のどが渇いてもいないのに、なかば義務感で飲んでる人が多いようです。

水を飲み過ぎると、胃腸が冷えたり、むくみを招いたりします。むくむと肌の代謝も悪くなり、美容に悪いので注意してください。

カフェインは美肌の敵!

コーヒーや紅茶、日本茶などに多く含まれているカフェイン。カフェインは神経を興奮させ、また血管収縮作用もありますので、とり過ぎは体にも肌にも悪いです。日本人の多くはカフェインの摂取に無頓着なようですが、カフェインを含むものは1日2杯までにとどめるようにしましょう。

また寝る前にカフェインをとると、睡眠にも影響が出るので、これだけは避けるようにして下さい。カフェインは栄養ドリンクにも入っていることが多いので、気をつけましょう。

季節を問わず温かい飲み物がベスト

冷たい飲み物は体を冷やし、代謝を悪くさせます。普段からなるべく温かい飲み物を飲む習慣をつけておくと、美肌にもつながっていきます。

美肌のためには、カフェインを含まない温かいハーブティーが一番おススメです。朝は気分がすっきりするミント、日中はビタミンCたっぷり含んだローズヒップや免疫を高めるエキナセアなどのハーブティーを選ぶといいでしょう。

また、お風呂上がりなど、火照った体を鎮めたいときでも、なるべく常温のものを飲みましょう。冷たいものをガブ飲みするのは避けて。夜は、眠気を誘ってくれるカモミールティーがおススメです。

ショウガを摂れば冷え知らず

体を温める食材として知られるショウガ。実は漢方薬にもよく使われるほど多彩な効果を発揮する食材です。

漢方では、ショウガは体を温めて発汗させ、胃腸を整えて吐き気を止めるとされています。料理にショウガをなるべく使ったり、また紅茶やハーブティーにしぼり汁を入れてのも飲むのもいいと思います。

冷えが気になる時や胃がムカムカするとき、風邪のひき始めなどには、とくにおススメです。

error: Content is protected !!